記憶法とは?

ころであなたは暗記科目って得意ですか?それとも苦手ですか?
そして暗記にかけている時間はどれだけですか?



記憶力さえあればどんな試験にでも合格できます。


数学などは、
暗記ではなく理解しなければいけないと思われていますが、
受験数学は暗記科目だともいわれています。


確かに公式や解き方を覚えてしまえば受験数学には簡単に対応できるはずです。
記憶力さえ上げてしまえばどんな試験にでも合格できます。



記憶法.COMでは、
受験生が暗記科目を攻略 するために必要な
記憶のコツと脳の秘密 を紹介します。

暗記科目が苦手!

だって覚えるだけ だから、簡単だろ!お前が勉強してないだけだろ!」


そう言われても覚えるのが難しいんだってと心で言い訳していました。

数学や理科などの理解する教科は得意だったんですが、
社会や英語など暗記科目はかなり苦手でした。



勉強していなかったわけではありません。
人に聞いた話では音読をすれば覚えられると聞いていたので
テスト前になると教科書を何回も何回も音読し
覚える努力はしていたつもりでした。


暗記科目に一番時間を費やしたにもかかわらず、
平均点にも届かないことがよくありました。



脳にはいろんな特性があります。



それを知らずにいくら暗記しようとしても覚えるのに苦労してしまいます。



脳の取り扱い方をちょっと知るだけで
暗記というのは 本当に簡単 になってしまうものなんです。


早い人では1ヶ月もあれば記憶の天才と言われることも可能です。


私もそれを知らずに暗記というものには本当に苦しんできました。
ちょっとしたコツを知らないだけで大きな時間を損してきた と思います。



暗記するための時間は受験生にとって大きなものだと思います。



パソコンを見ている時間ももったいないかもしれませんが、
3分間だけこの記憶法.COMを読んでみてください。



今後の暗記にかける時間を減らすコツをご紹介します。

勉強法メール教室

両親に ムリヤリ勉強させられていた14才の少年
たった一つ のことを意識して勉強しただけで
3ヶ月後には クラスで1番の成績をとり
今では学校の休憩時間も
友達に勉強を教えるようになってしまいました。

あなたがもし現在、勉強で悩んでいるので
あれば無料勉強法メール教室に参加して
急激に成績を上げて友達 びっくりさせてください!


天才に共通する赤ちゃん の記憶の秘密

成績が上がらない人が持っている脳のブロックを破壊する方法

脳をフル回転させるために必ず押さなくてはいけないスイッチとは?

ガリ勉を目指してしまうことでなぜ成績が上がらなくなってしまうのか?

あなたの脳の95%をコントロールする方法

記憶力がいい人悪い人の習慣の違いとは?


メールに送られてくる宿題を順番にこなしていくだけで
あなたが気づいたころには成績は上がっているはずです。

無料のメール教室は100名様限定になっていますので
今すぐ以下のフォームに登録し勉強法メール教室に参加してください。

 

お名前 ※
E-Mail ※

 


▼次のページへ